【媚薬実話】セックス嫌いの私が媚薬を舐めるとイッた体験談

投稿日:2017年9月22日 更新日:

少し太らせたような三日月が遠慮もなく宙(そら)にどっしり構えている夜でした。

光を抑えたオレンジの照明。スピーカーからはサカナクションの『バッハの旋律を夜に聴いたせいです。』。

シーザーサラダとお魚のソテー、ブルーチーズ、オリーブとワインでいっぱいになったお腹。

幸せを感じずにはいられない夜でした。

 

セックス嫌いの私が媚薬を舐めるとイッた体験談

感じている女性

どうも。ミッキーです。

この記事は、『セックス嫌いじゃなくなったことについて書いた記事』と、『後日の体験をもとに、セックス嫌いじゃなくなったときの理由を分析した記事』の続きです。

話の背景が知りたい方はそちらに目をお通しいただければと思います。

 

セックス嫌いじゃなくなったことについて書いた記事
→ 初めての媚薬でセックス嫌いを克服した語「知らないうちに飲まされた」

セックス嫌いじゃなくなったときの理由を分析した記事
→ セックス嫌いを克服した私の後日談「興奮したセックスを振り返る」

 

さて、「なぜ私が初回のセックスでの著しく興奮したのか?」という疑問ですが、その疑問を彼氏にぶつけることにより、話は解決へと導かれました。

 

1.最初のセックスで興奮したことを彼氏に打ち明けた夜

もともとセックス嫌いだった私。

彼との出会いにより、セックス嫌いに終止符を打つことになりました。

でも、5回目のセックスを終えた後で、ある疑問が。

「(彼との)最初のセックスは、どうしてあんなに興奮したのだろう?」

その疑問を、私はイタリアンレストランで彼とワインにぶつけることにしました。

 

1-1.仕事終わりにイタリアンに行ったよ

夜のイタリアンレストラン (イメージです)

夜のイタリアンレストラン (イメージです)

彼は、平日の夕方~夜まで仕事をするサラリーマン。

私はOL。

仕事終わりにたまにデートに出掛けます。

この日はイタリアンレストランでワインを堪能する予定の日でした。

お腹がパンパンに膨れてしまうため、パスタは頼みません。

ワインに合う物を中心に注文していきます。

とまぁ、そんな話は置いといて、自分の中にある疑問を私は彼にぶつけました。

 

1-2.「ねぇ、付き合ってから始めて居酒屋行ったときあったでしょ?」

ミッキー
ねぇ、付き合ってから始めて居酒屋行ったときあったでしょ?

 

そういって私は話を切り出しました。

いくらセックスへの敷居が低くなったからと言って、そういった話をするのはやっぱり恥ずかしいです。

 

ミッキー
(〃▽〃)

 

彼氏「うん。覚えてるよ。ミッキーちゃん、めっちゃ感じてたよね」

 

ミッキー
コイツゥ~!!!

 

この人はわざと私を恥ずかしがらせようとしているのでしょうか?

いちいち言わなくても良いことを言ってきます。

 

ミッキー
そうだね。それでね・・・

 

いつもなら「そんな風に言うなよ!(べしっ!)」などと言って構ってあげるところですが、今日はそんな風におちゃらけに来たのではありません。

 

ミッキー
実は言うと・・・

 

という風に本題を切り出しました。

私が話したのは以下の通りです。

 

あの日(居酒屋に行った日)、セックスできて嬉しかった

いつも優しくしてくれてありがとう。おかげで安心してセックスできたよ

でもね、なんかあの日のセックスの感度が今までで一番強かった。というか濡れ方とかも異常だった

あれは何だったんだろう?最初のセックスや久しぶりのセックスではそんなものなの?

 

1-3.彼はブルーチーズを口に含み、味わうように食べた後、ワインを一口飲みました。

そしてこう言いました。

「美味しいね」

 

ミッキー
コイツ、ほんと舐めてる(#^ω^)

 

「コイツは人の話を聞いているのか?(怒)」と思いながらも彼の返事を待ちました。

我慢強いのが私の数少ない長所です。

少しの沈黙のあと、彼は答えました。

 

「俺にはよくわからん!」

 

ミッキー
・・・

 

私は遂にこの話題を諦めました。

(今日話したかったことなのにな。チェッ)

そして結局、いつものダラダラした会話をしながらワインを楽しんだのでした。

 

ミッキー
今日、仕事でね、取引先の人がね、ペチャクチャペチャクチャ

 

1-4.ディナー後、彼の家に行くことに

お会計を済ませ、お店を出た後、彼の家に行くことになりました。

食事もワインも美味しかったし、この日は私にとっては良い夜でした。

肝心の話は出来なかったものの、ワインで機嫌が良くなる私は安い女です。

 

2.彼の家にて

彼の家のソファー(イメージです)

彼の家のソファー(イメージです)

彼の家についてくつろいでいると、彼はイタリアンで中途半端に終わった話の続きをしてくれました。

 

2-1.「この飴ちゃん舐めてみて?」

彼はそう言って、居酒屋の日にくれた飴を差し出しました。

ミッキー
あっ、この前の飴ちゃんだ!これ癖あるよね?嫌いじゃないけど

 

そのときの彼の話をまとめると以下のようになります。

 

ミッキーちゃん、あの日セックスできておれも本当に嬉しかった

ミッキーちゃんがどう感じたのかはおれにはわからない。でも、喜んでくれたのなら嬉しい

ミッキーちゃんの興奮ヤバかったね。正直引いたよ(笑)

興奮の感覚って日によって違うみたいだね

とりあえずこれ(ピンクの飴ちゃん)舐めてみて。これ、媚薬って言って、興奮を高めるものなんだ

 

その話を聞いた後、私は飴ちゃんを舐めました。

少し太らせたような三日月が遠慮もなく宙(そら)にどっしり構えている夜でした。

光を抑えたオレンジの照明。スピーカーからはサカナクションの『バッハの旋律を夜に聴いたせいです。』。

シーザーサラダとお魚のソテー、ブルーチーズ、オリーブとワインでいっぱいになったお腹。

幸せを感じずにはいられない夜でした。

 

ちょっと太めの三日月

 

2-2.火照る身体

気付けば私はベッドに横たわっていました。

時計を見ると22時30分。

先ほどより15分程しかたっていません。どうやら少しうとうとしていたようです。

隣には彼。

彼は優しい表情で私の顔を見ていました。

彼「ミッキーちゃん、ほんと、可愛いね。」

 

私は顔が真っ赤になっていることに気づきました。

心なしか身体が少し火照っているようです。

 

ふいに彼は私の耳を舐めました。

 

私「あぁっ・・・」

 

ミッキー
恥ずかしい・・・

 

声が出てしまい、すごく恥ずかしいです。

身体の中を血が勢いよくさまよい、ドクドクしてる感じが伝わってきます。

 

「ミッキーちゃん、ミッキーちゃん・・」

 

耳元で囁く彼。

気分が高まります。

 

服をまくり、ブラジャーのホックを外す彼。

いつの間にかブラジャーがまくり上げられ、胸があらわになっています。

 

彼の手がおっぱいに伸び、乳首のまわりを優しく撫でています。

 

ミッキー
ヤバイ・・気持ち良い・・・

 

私「・・・・・して」

 

彼「ん?なんて?」

 

私「して?」

 

彼「どうして欲しいの?」

彼「ちゃんと言ってくれなきゃわかんない」

 

私「舐めて?」

 

彼が私の乳首に舌で触れた瞬間、大きい声が出てしまいました。

 

「あぁっ!!!!!」

 

彼「すごいエッチな声が出てるよ?」

 

そのときは顔から火が出そうなくらい恥ずかしかったのを覚えています。

 

 

セックスしている画像

 

 

3.翌朝

昨晩は激しいセックスでした。

まるで居酒屋の日のセックスのようです。

とても興奮しましたが、興奮していたのは彼も同じだったようです。

彼は結局、3回もイッてました。

 

ミッキー
もぉう!良い歳して3回もイッちゃって(・∀・)ニヤニヤ

 

私は朝は元気です。

いつも責められてばっかじゃつまらないのでたまにはこうやってイジワルを言ってやります。

 


 

「彼との初回のセックスでなぜ著しく興奮したのか?」

その秘密はピンクの飴ちゃんにあったようです。

ピンクの飴ちゃんは「媚薬」というやつで、家に帰って調べてみると、「女性の興奮を促すもの」とのこと。

漢方とかに入っている成分でできているので、身体に有害ではないとのことで、安心しました。

「疑問が晴れて良い夜だったな」と思いました。

媚薬・セックスは楽しい☆

おすすめはNYCピンクです☆飴を舐めるだけなので気楽に気持ち良くなれます♪セックスを気持ちよくしたいなら安くてお得な買い物です^^

安心安全にセックスが楽しめる媚薬「NYCピンク」!

中イキしやすくなった
マンネリ・セックスから抜け出せた!
セックスが楽しくなった!
という声が多いのが、女性に人気の媚薬「NYCピンク」です♡

50種類以上の媚薬を試した中で、「1番良かった!」というのがNYCピンクです☆初心者にも玄人さんにもおススメ☆ 他の媚薬を試して失敗するくらいなら、まずは「NYCピンク」を試しましょう☆

大人気のNYCピンクについて詳しく記事にまとめました☆是非読んでみてください^^

いま人気の媚薬トップ3 ☆

個性的な媚薬がラインナップしています☆好きな媚薬を選んで中イキしよう!

媚薬で絶頂オーガズムを経験☆

女性のオーガズムは、男性の10倍も100倍も気持ち良いと言われています。 一度は味合わなきゃ損です! 媚薬を使って、是非ともオーガズムを体験してください☆

飲む媚薬ランキング記事はこちら

飲む媚薬ランキング

-媚薬エピソード
-, ,

著者:

mikky

媚薬のおかげで中イキの幸せを知れました!

そんなわたしが『媚薬のすばらしさを紹介するブログ』です☆

応援よろしくね♪

詳しいプロフィール

応援をよろしくお願いします☆

応援をよろしくお願いします☆

↑の画像をクリックしてもらえると、すごくうれしいです^^

人気ブログランキングやってます☆

応援をよろしくお願いいたします♪

みんなが見ている人気記事!

カテゴリー

媚薬ランキング記事はこちら