媚薬をこっそり飲ませるのがNGな理由をラブポーションの事例から学習する

投稿日:

ピーチ・ジョンがやらかしました。

炎上です

男女兼用媚薬「ラブポーション」の広告表現が問題となりました。

「こっそり飲ませる」「飲み物や料理にこっそり混ぜるのがオススメ」

これらがトリガーです。

 

 

媚薬を相手の許可なくこそっと飲ませる行為は、絶対にNGです。

その理由を、ラブポーションの事例をもとに、説明します。

 

媚薬をこっそり飲ませるのがNGな理由をラブポーションの事例から学習する

ラブポーションこっそり広告ダメ

 

媚薬をこっそり飲ませるのはどうしてNGなのでしょうか?

それは、「最悪、死に至るから」です。

 

ミッキー
もそも、これは倫理の話です!

「媚薬こっそり」は、誰がどう考えてもダメです。

こんなしょうもない話題、世の中に二度と表れないことを祈ります。

とほほ。

 

今回の話

  1. ラブポーション広告案件とは?
  2. 媚薬をこっそり飲ませるのはNG!3大理由!
  3. こっそり飲ませがちな媚薬3選!

 

1.ラブポーション広告案件とは?

ラブポーション広告案件とは何なのでしょう?

シンプルにまとめます。

 

ラブポーション広告案件を一言で!

「ピーチ・ジョン(PEACH JOHN)」が、商品説明および広告に不適切な表現があったとして、健康補助食品「ラブポーション」の販売中止を発表した。

FASHIONSNAP.COMより引用

 

ピーチ・ジョンとは?

ピーチ・ジョンは若い子向けの下着通販会社です。

私も若い頃お世話になりました。

 

 

広告表現が炎上を招いて販売中止!

ピーチ・ジョンが男女兼用媚薬「ラブポーション」を販売しました。

しかし、その広告の表現がマズい!と炎上→販売中止になりました。

 

 

ラブポーションはマカをはじめとする成分を配合し、「情熱的な感情を呼び起こす男女兼用のラブサプリ」として販売。

同社が公開した広告には「こっそり飲ませる」や「飲み物や料理にこっそり混ぜるのがオススメ」などの表現が含まれ、SNS上で「犯罪を煽っている」や「アレルギーがあったら死ぬ」といった批判が相次いでいた。

FASHIONSNAP.COMより引用

 

2.媚薬をこっそり飲ませるのはNG!3大理由!

ラブポーションの広告はどこに問題があったのか?

結論としては、「健康面でのリスク」です。

勝手に飲ませることで、「相手に何かあったらどうする?」という話でした。

具体的な問題点を掘り下げます。

 

媚薬をこっそり飲ませるのはNG!3大理由!

  • ①犯罪を助長する恐れがある
  • ②人が死ぬ恐れがある
  • ③実際に人が死んでしまった事件がある

 

NG理由①「犯罪を助長する恐れがある」

こっそりと媚薬を飲ませる行為は、犯罪に当たる可能性があります。

ピーチ・ジョン自体は犯罪じゃなくても、

「犯罪者を生んでしまうんではないか」という考えです。

 

 

企業が個人に対して犯罪を助長するのは、あってはいけません。

 

NG理由②「人が死ぬ恐れがある」

飲まされた人がアレルギーだったらどうしますか?

取り返しのつかないことになります。

 

 

人がどんなアレルギーを持っているのか、想像つかないのが今の世の中です。

許可なく相手の口にものを入れてはいけません。

 

 

NG理由③「実際に人が死んでしまった事件がある」

「こっそり薬物を飲ませて、相手を死亡させたのでは?」と疑いのある事件があります。

押尾学事件です。

MDMAを飲んだ女性が死亡し、当時俳優の押尾学さんが逮捕されました。

同じ部屋にいて、適切な処置をしなかったことが逮捕要因です。

 

 

ラブポーションと押尾学事件を連想した人が少なくない!

ラブポーションの広告責任があるのはピーチ・ジョンです。

一方、押尾学事件の現場は、ピーチ・ジョン社長・野口さんの持ち物でした。

 

 

  • 「こっそり飲ませる」と広告したピーチジョン
  • MDMAをこっそり飲ませたんじゃないか疑惑事件現場がピーチ・ジョン関係

これらの繋がりから、押尾学事件を思い出した人が少なくなかったです。

 

押尾学事件の真実は闇の中!

「押尾さんは本当は売られたのでは?」など、この事件の真相は闇に包まれています。

なので、事の顛末は明確になっていません。

これからも詳細が表に出ることはないでしょう。

さすが芸能界!

 

この話はNG理由には直結しません。

しかし、興味深かったのでここに入りました。

 

まとめ「媚薬をこっそり飲ませるのはあってはならない」

媚薬をこっそり飲ませることは、絶対にあってはいけません

きちんと合意を得た上で使用するようにしましょう!

 

 

3.こっそり飲ませがちな媚薬3選!

ここで、ついうっかり相手に飲ませたくなる媚薬を紹介します。

3つに絞りました。

こっそり飲ませないようにしてくださいね。

 

こっそり飲ませがちな媚薬3選

  • ①紅蜘蛛
  • ②アドバンテージDX
  • ③チョコレートラブDX

 

解説します。

 

飲ませがち媚薬①「紅蜘蛛」

紅蜘蛛

 

紅蜘蛛は女性用興奮剤です

即効性が強いのが特徴で、5~15分程度で効果を感じる人が少なくありません。

女性の性欲を増進させます。

興奮を誘うのにうってつけです。

 

紅蜘蛛をこっそり飲ませがちな理由

紅蜘蛛は粉末です。ドリンクに混ぜて飲みます。

粉末タイプは混ぜるのが大変です

なので一見、「こそっと」飲ませにくいように思います。

しかし、実際にはこそっと飲ませている人がいました。

 

パートナーの飲み物にこっそり入れてみると、いつも以上に淫らになってました。

今度は何もせずに飲み物に混ぜてみるだけにしてみようかな。

(20代)

 

くれぐれも真似しないようによろしくお願いします。

 

紅蜘蛛の口コミ

紅蜘蛛は良い媚薬です

是非とも体験してみてください。

ただし、こそっと飲ませるのは避けましょう。

口コミをみます。

 

紅蜘蛛使わないとセックスしたって気にならないくらい気持ちよさが違うからないとすごい困ります。

(20代)

 

エッチ前に飲んでもらったら、あらびっくり。

気持ち良さがいつもより凄いらしく、喘ぎ声は凄いは フェラは激しいはと興奮し過ぎで・・

エッチの後に一人でオナニー始めるは大変でした。 また、リピる予定です。

(40代)

 

「あまりの効き目にびっくりした。こういうのは初めて使ったけどやめられなくなりそう。変な薬とかじゃないよね?W」って彼女の感想。

いつもより激しくてこっちまで興奮したので大満足です。

(20代)

 

不感症なのが彼氏に申し訳なく思っていたので、ついに試してみました。

初めてだったので他とは比べられませんが、思っていた以上に敏感になり、いつもはない性欲的なものが込み上げてくる感覚がありました。

(30代)

 

私は紅蜘蛛との相性がばっちりみたいで、いつもお世話になってまぁす(⌒・⌒)ゞ

写真じゃ分かりづらいけれど、豪華なパッケージで、ザ・正規品って感じの、しっかりした作りです。

効果は、、、男の子には分からないだろうけど、体があつ~く疼くこの感じ。たまらなく好き(*^-^*)

(40代)

 

紅蜘蛛の購入はこちらから!

 

飲ませがち媚薬②「アドバンテージDX」

アドバンテージDX

 

大人気の男女兼用媚薬です。

リキッド部門NO.1の媚薬です。

性欲を増進したり、独特の催淫を誘ったりします。

特に、女性のオーガズムサポートと催淫サポートに効果があると言われます。

「感じにくい」と悩んでいる女性におすすめの媚薬です

 

アドバンテージDXをこっそり飲ませがちな理由

アドバンテージDX

 

アドバンテージはリキッドタイプです。

彼女がトイレに行っているときに、ついうっかり飲ませがちです。

 

彼女がお風呂に行った隙にノンアルにスポイト1回を入れてみました。

濡れ方がとか激しくとかは無かったけど「今日はなんか変。。。触られるだけで感じる」と言ってました!!

(50代)

 

こそっと飲ますのは絶対にいけません。

 

アドバンテージDXの口コミ

アドバンテージはリキッドタイプの媚薬で一番人気です。

次に出てくる「チョコレートラブDX」と飲み比べる人が多いです

自分と合う方をお選びください。

 

何度かリピート購入しています。

3滴では効果なく、スポイドで3回分くらい、飲み物に入れて飲んでいます。

飲まないより飲んだ方が、感じたり、乱れたりする傾向が強くなります。

(50代)

 

リピです

この媚薬は彼女と一緒に使えるのがGOOD!

ここ最近はいつも一緒に飲んで雰囲気作りにもつながってます。自分たちには合ってたみたいです!

(20代)

 

甘くて美味しい。理性失いそう。

(50代)

 

酒と一緒にムラムラしてくるよね (笑)

(30代)

 

マイルド系、1本で5~6回位使用、ラブグラより良いとの事

(50代)

 

アドバンテージDXの購入はこちらから!

 

飲ませがち媚薬②「チョコレートラブDX」

チョコレートラブDX

 

幸せホルモン「オキシトシン」配合型の媚薬です。

「親近感を感じることができる」「深い信頼感を味わえる」と好評です。

心地良いムード作りを手伝ってくれ、ストレス緩和に役立ちます。

お酒と同時に服用が可能な点も高評価です。

 

チョコレートラブDXをこっそり飲ませがちな理由

チョコレートラブDX

 

チョコレートラブは、(アドバンテージ同様)リキッドタイプの媚薬です。

お酒に混ぜることができます。

「こっそり飲ませるための媚薬」と言っても過言ではありません。

 

お酒に混ぜてこっそり飲ませています。

2.3滴ではなくて、スポイト1本分くらいのほうが効果ありだと思います。

(30代)

 

しかし、こそっと飲ませるのは絶対絶対絶対NGです。

きちんと使いましょう!

 

チョコレートラブDXの口コミ

20代~50代まで、幅広い年齢層の方が使用しています。

特に、「カップルで使用したい!」と買う人が目立ちます。

セックスを楽しみたい方にも、セックスがマンネリ化している方にもおすすめできる媚薬です。

 

効き目は凄い! セフレが欲しがります、我慢出来なくなるみ様です。

酎ハイ(350ml)に付属のスポイト 2回分で使用しました。

(40代)

 

継続購入しました! 彼女使用しているのですが、かなりお気に入りなようです。

服用してしばらくするとかなり興奮モードに入りますね。

その日によって効果に差がありますが、 ピークのときは光や音にかなり敏感になって 覚醒モードに入ります…

(30代)

 

初めは半信半疑でしたが、買って正解!

これ使うと感度上がって超気持ちいいんですよねー♪

彼氏も気に入ってて良かったですし、もう手放せません!

(20代)

 

来ましたこれ!

彼女に使いましたが、思いのほか効果ありました!

いやー初めて1回以上イっちゃっててびっくりしましたよ、ホント!

同僚にも教えてあげようと思います。

(2O代)

 

星100をあげたい。

彼女がスポイト半分くらい(10滴)を飲んだら、15分ほどで「あぁ^~」っと興奮モードになりました。

彼女曰く、音と光にも敏感になって、ビニールのガサガサした音を聞くだけで感じて濡れていました。

性的興奮が得られるだけでなく、「楽しい」という気分になる効果が非常に強く。 音や光を与えたら、笑って大喜びし更に濡れていました。

(30代)

 

チョコレートラブDXの購入はこちらから!

 

こっそり飲ませがちな媚薬まとめ

どれも、「こっそり飲ませやすい」&「実際にそうしてしまったという口コミのある」媚薬です。

繰り返しますが、媚薬をこっそり飲ませるのは、絶対にやってはいけません。

しかし、媚薬としてはどれも楽しめます。

用法を守り、ご使用くださいませ☆

 

こっそり飲ませがちな媚薬3選

  • ①紅蜘蛛
  • ②アドバンテージDX
  • ③チョコレートラブDX

 

最後に

ラブポーションの事例から、相手の許可なく媚薬を飲ませてはいけない話をしました。

こっそり媚薬を飲ませる行為は、絶対に許されません

しかし、媚薬はきちんと使えば、”良いもの”であることは事実です。

媚薬をきちんと使い、セックスを楽しみましょう^^

媚薬・セックスは楽しい☆

おすすめはNYCピンクです☆飴を舐めるだけなので気楽に気持ち良くなれます♪セックスを気持ちよくしたいなら安くてお得な買い物です^^

安心安全にセックスが楽しめる媚薬「NYCピンク」!

中イキしやすくなった
マンネリ・セックスから抜け出せた!
セックスが楽しくなった!
という声が多いのが、女性に人気の媚薬「NYCピンク」です♡

50種類以上の媚薬を試した中で、「1番良かった!」というのがNYCピンクです☆初心者にも玄人さんにもおススメ☆ 他の媚薬を試して失敗するくらいなら、まずは「NYCピンク」を試しましょう☆

大人気のNYCピンクについて詳しく記事にまとめました☆是非読んでみてください^^

いま人気の媚薬トップ3 ☆

個性的な媚薬がラインナップしています☆好きな媚薬を選んで中イキしよう!

媚薬で絶頂オーガズムを経験☆

女性のオーガズムは、男性の10倍も100倍も気持ち良いと言われています。 一度は味合わなきゃ損です! 媚薬を使って、是非ともオーガズムを体験してください☆

飲む媚薬ランキング記事はこちら

飲む媚薬ランキング

-媚薬について, 媚薬の使い方
-, ,

著者:

mikky

媚薬のおかげで中イキの幸せを知れました!

そんなわたしが『媚薬のすばらしさを紹介するブログ』です☆

応援よろしくね♪

詳しいプロフィール

応援をよろしくお願いします☆

応援をよろしくお願いします☆

↑の画像をクリックしてもらえると、すごくうれしいです^^

人気ブログランキングやってます☆

応援をよろしくお願いいたします♪

みんなが見ている人気記事!

カテゴリー

媚薬ランキング記事はこちら