インターネットとプラシーボ効果のコンビが媚薬を広めた

投稿日:2017年4月6日 更新日:

インターネット×プラシーボ効果=媚薬の広まり

「媚薬ってなに?美味しいの?(‘Д’) 」って人、たくさんいるかもしれませんね。

媚薬はかつて、特定の人しか利用しませんでしたが、今ではじわじわ~っと巷に普及しています。

その理由は「インターネットとプラシーボ効果、こいつらにある!」と私は考えました。

 

インターネットによる媚薬の広がり

媚薬はもともと、一般的なものではありませんでした。

実際、古代は一部の権力者しか使っていなかったそうです。

今は媚薬って言葉を聞いた人がちょくちょく増えていると感じるのですが、そのきっかけはインターネットにあると思います。

私みたいに媚薬に感動した人は、このサイトで私が媚薬自慢をしているように、すぐにインターネットで披露したくなります。

(その心理としては、「たくさんの人に見てもらいたいから」でしょうか?)

 

instagramを使う女性

インスタでシェア♪

 

世の中には私のように情報を自慢したい人がたくさんいらっしゃるようで、その人たちもインターネットに情報を披露します。

そうして、インターネット上にはたくさんの情報が集まっています。

情報を知りたい人も知りたい人で、「ググる」って言葉があるように、インターネットに質問しますよね。私もします。

(その心理としては、「インターネットにはたくさん情報があるから、きっと答えてくれるはずだ」と期待があるからでしょうか?)

そうやって、たくさんの情報の出会いの場が、インターネットだと私は思っています。

 

googleには情報がたくさん♪

googleには情報がたくさん♪

 

このように、媚薬についての情報がインターネットのおかげでどんどん増えていき、それに伴い、媚薬のことを知る人もどんどん増えています。

それが、媚薬がインターネットによって広がったと考える私の説です。

なお、「情報が増える=情報を知る人が増える」という理由を知りたい人は、アルフレッド・マーシャルの『経済学原理』を勉強してみてくださいね~☆

 

#アルフレッド・マーシャル

#需要と供給

#経済学原理

 

プラシーボ効果とインターネットの相性が良かった

媚薬は実に曖昧なものでして、「主に性的興奮を高める作用を持つ薬の総称」が媚薬です。

「特定のこの成分が入った薬が媚薬」というのではなく、

主に性的興奮を高める作用を持つものですので、

媚薬と媚薬でないもののボーダーラインが曖昧なんですよね。

だから、媚薬の種類はとても豊富でした。

ヒキガエルの肉やロバの肺をはじめ、人間の皮膚など人体の一部も材料として使われていたという話です。

 

効果には個人差がある

こういった薬の作用には個人差があり、効果も大小問わず、差があります。

このように、「患者さんを喜ばせることを目的とした、薬理作用のない薬のこと」をプラシーボ効果と言います。

 

グレーゾーンの部分に新規参入者が現れる

媚薬の定義は曖昧で、さらにプラシーボ効果もあるため、そこにつけこんだ人が媚薬をつくったり販売したりするようになりました。

定義が曖昧なため、色んなものを媚薬と定義づけることができますし、実際には効果がないものでも、効果がありますよ~とカモフラージュして、媚薬として売り出すことができます。

お金を儲けたい人は新たな媚薬を作りたい放題です。

そうやって、媚薬の数はどんどん増えているんですね。

 

新しいものが出てくると世の中の情報量が増える

「媚薬の数は増える」というのは、「媚薬に関する情報が増える」ということを意味します。

例えば、世の中全体の情報量が10で、その中の媚薬の関する情報量が1だとして、

媚薬の種類が2増えたとしたら、

世の中全体の情報量は12になり、媚薬に関する情報量は3になります。

そうやって世の中の情報量は増えていきます。

 

情報はインターネットに集まる

 

お馴染みのグーグル

お馴染みのgoogle

 

そうやって増えた情報はどこにonされるのかというお話で、

その答えがインターネットです。

インターネットには情報を提供する方も、探している方もやってきます。

人が集まるということは、情報が集まるということです。

そのため必然と、インターネット上に情報が集まります。

このような解釈をすると、媚薬のプラシーボ効果とインターネットは、相性が良かったのかな?なんて思います。

 

実際、媚薬の曖昧な定義やプラシーボ効果につけこみ、

本当は効果がないのに、「効果がありますよ~」と言って販売されている媚薬があります。

そういった媚薬は、たちが悪いことに、効果が表れなくてクレームを言ったら、

「はいはい、プラシーボ効果プラシーボ効果」

というような話で片付けられてしまいます。

効果のある媚薬をきちんと選びましょう。

 

効果のある媚薬を選ぶために・・

自分にあった媚薬の選び方はこちら

【一目でわかる】タイプ別にみる自分に合った媚薬の選び方

媚薬・セックスは楽しい☆

おすすめはNYCピンクです☆飴を舐めるだけなので気楽に気持ち良くなれます♪セックスを気持ちよくしたいなら安くてお得な買い物です^^

安心安全にセックスが楽しめる媚薬「NYCピンク」!

中イキしやすくなった
マンネリ・セックスから抜け出せた!
セックスが楽しくなった!
という声が多いのが、女性に人気の媚薬「NYCピンク」です♡

50種類以上の媚薬を試した中で、「1番良かった!」というのがNYCピンクです☆初心者にも玄人さんにもおススメ☆ 他の媚薬を試して失敗するくらいなら、まずは「NYCピンク」を試しましょう☆

大人気のNYCピンクについて詳しく記事にまとめました☆是非読んでみてください^^

いま人気の媚薬トップ3 ☆

個性的な媚薬がラインナップしています☆好きな媚薬を選んで中イキしよう!

媚薬で絶頂オーガズムを経験☆

女性のオーガズムは、男性の10倍も100倍も気持ち良いと言われています。 一度は味合わなきゃ損です! 媚薬を使って、是非ともオーガズムを体験してください☆

飲む媚薬ランキング記事はこちら

飲む媚薬ランキング

-媚薬について, 媚薬のトリビア
-, , ,

著者:

mikky

媚薬のおかげで中イキの幸せを知れました!

そんなわたしが『媚薬のすばらしさを紹介するブログ』です☆

応援よろしくね♪

詳しいプロフィール

応援をよろしくお願いします☆

応援をよろしくお願いします☆

↑の画像をクリックしてもらえると、すごくうれしいです^^

人気ブログランキングやってます☆

応援をよろしくお願いいたします♪

みんなが見ている人気記事!

カテゴリー

媚薬ランキング記事はこちら