香る媚薬に含まれる性フェロモンとは?

人間の出すフェロモンは、コミュニケーションツールの一つです。

フェロモンの中でも性フェロモンは、異性を惹きつける効果があります。

香るタイプの媚薬は、性フェロモンを有効活用し、異性を引き付けるために生み出されたものです。

この記事では、「性フェロモンとはいったい何か?」掘り下げます。

 

ミッキー

ちなみにですが香る媚薬は以下の人におすすめです。

  • 私みたいに「男に声掛けられた~い」っていう女の子
  • 「飲み屋で女を引っ掛けて~」というヤリチン男
  • 「フェロモン!フェロモン!」と訳の分からないフェロモン厨

 

そもそもフェロモンとは?

フェロモンとは、伝達性を持った化学物質です。

生物Aが生物Bに 情報を伝えるための手段です。

 

フェロモンは生物界において、様々なシーンで活躍しています。

例えば・・・

  • 動物が危険を仲間に知らせるため
  • 昆虫のオスがメスを誘惑するため

などです。

言葉を喋らない他の生物にとって、フェロモンは大切な通信手段です。

 

フェロモンが人間関係を良好に保つ

人間は言葉を喋って意思の伝達を図るので、フェロモンを他の生物ほどは意識できていません。

しかし、人間にとってもフェロモンは大切な通信手段です。

人間にとってのフェロモンは、主に「良好な人間関係をキープするための役割」だとされています。

 

性フェロモンについて

突然ですが、過去に付き合った人を思い浮かべてみてください。

不思議と似たようなタイプの人が並ぶと思います。

人間には「好きなタイプの異性」が存在します。

(私の場合は、好きになるタイプと付き合うタイプはなぜか別です^_^;)

 

実は、相手の性フェロモンにも好き嫌いの好みがあります。

このことは実験で証明されています。

 

一般的にヒトは、遺伝子レベルで自分とは異なるフェロモンの相手を好む

とされています。

思春期の女の子が、自分の父親のことを避けるのは、「父親が自分と似たようなフェロモンを持っているからだ」という話もあります。

 

性フェロモンは相手に魅力をアピールするもの

女性は性フェロモンを分泌することで、どんどん可愛く、どんどんセクシーに、どんどんエロチックになります。

いわゆる、「綺麗になる」というやつです。

性ホルモンが分泌流されると、「ほぉ~ら、私はこんなに綺麗だわよ」という情報が発信されていきます。

このようにして、自分の存在や魅力を異性にアピールします。

 

子孫を残す力のあるオスは、フェロモンの分泌量が多い

男性の性フェロモンは、主に筋細胞や睾丸から分泌されます。

そして、子孫を残す力のあるオトコほど、フェロモンの分泌量は多いです。

 

女性はフェロモンを多く分泌する男性を好みがちです。

「女性は子孫の繁栄能力が強い男性に惹かれる」という事実について、男は本能や、DNAで知っているのかもしれません。

 

香る媚薬は性フェロモンを有効に活用したアイテムです

自分のエロい気持ちを、言葉を言わずして相手に伝えるのがフェロモンの役割です。

香る媚薬は性フェロモンを分泌したもので、フェロモンのパワーを活用し、異性に自分の存在をアピールします。

香る媚薬を使い、意中の相手をゲットしてください!

 

→ 【香るタイプの媚薬】最新評価ランキング2トップ!

 

上記は香る媚薬の人気ランキングです。

当サイトの人気記事の1つです。参考にしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


コロナの影響で在庫限り!
最高の媚薬インバーマ
詳細はこちら
\ コロナの影響で在庫限り! /
最高の媚薬の詳細はこちら