ポルチオXに出てくる2013年のクイーンズ大学の研究とは何かを想像してみた

ポルチオXは、女性に人気の媚薬セットです。

「初めて中イキできた」「これがないとセックスできない」など、喜びの声が多い媚薬です。

 

ポルチオXの公式販売ページの中に

2013年のクイーンズ大学の研究

について言及されています。

 

この研究により、体への刺激が、性欲を高めるのに有効であることがわかりました。

この記事では、2013年のクイーンズ大学の研究がどんなものかを掘り下げます。

 

このサイトでは、ポルチオXについてのまとめ記事を作成しています。そちらの記事もみてください。

→ ポルチオXの説明書。良いこと悪いこと、安全性を含めたエブリシング

 

2013年のクイーンズ大学の研究について解説します

クイーンズ大学

 

クイーンズ大学での研究では、猿のセックスを見て、

「心理的には興奮していないけど、身体的には反応する」

ということが明らかになりました。

 

これはつまり、

脳に刺激が加われば、体は自然に反応してしまう

ということを示しています。

クイーンズ大学の研究の内容と結果

実際のクイーンズ大学の研究内容は下記です。

 

 

被験者たちは、猿のセックスをみて、心理的には興奮していないけど、身体的には反応していることがわかります。

ポルチオXはこの理論を採用し、

  • 「脳に性的な刺激を与えれば良い」
  • 「そうすれば、体も性的に反応する」

と考えています。

そのため、脳に性的な刺激を送ることのできる媚薬を厳選しています。

 

クイーンズ大学の研究まとめ

クイーンズ大学の研究について触れました。

ポルチオXは、脳に刺激を送ろうという媚薬です。

脳を刺激して、気持ち良くなりましょう。

 

ポルチオXについてのまとめ記事もご覧ください。

→ ポルチオXの説明書。良いこと悪いこと、安全性を含めたエブリシング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


コロナの影響で在庫限り!
最高の媚薬インバーマ
詳細はこちら
\ コロナの影響で在庫限り! /
最高の媚薬の詳細はこちら